片方のピアスからもらった「うれしかった実例」

先日「うれしかった事象」が実に感じ取れ私の毎日ですが、その中から「うれしかった事象」のかけらを拾い集めてみました。

その一つは「もはや見つからないとしていたピアスの片側が見つかった。」ということです。

気に入っていたピアスの片側が無くなっていました。気づいたら片方の耳から消えていたのです。「落としたんだな、仕方がない。」としてあきらめていました。
それが半年も経ってひょっこり出てきたのです。

いつも使う紙袋のバックアップポッケの下に入っていました。まさかピアスがびっちりここへ転がり落ちたり、歩いて入っていったりするわけもないので、自分が入れたに違いないのですが、なぜ、何時入れたのかてんで事例にありません。
想像するに、落ちそうになった(若しくは落ちた)ので、とっさに自分で入れたのだと思うけれど、そのシーンも思い出せません。
近々脳が弱ってきたのかもしれません。事例があやしくなってきて必ず心配です。

ただし果たして良かった!
一度離れた家内というまた再会したような、うきうきしたムードになりました。あきらめずに待っていた更に片方のピアスと再会させて、ペアで耳に擦り込みました。
「今日はどっかへ出かけようかな♪」
という気分になって、些か街角へ出てみたりました。

「それってただ無くなったものが見つかっただけで、特に何か拾ったわけではないし、好悪零なんでは...。」
という仲良しがいましたが、それは違う!
しあわせは単純な付け足しOFFの計算では計れないものです。ピアスがなくなったときのどん底(大げさ?)の想いがあったからこそ、見つかった時にそれより大きな快感が感じられたのです。
ライフスタイルはめり張りが大切です。谷があるからこそ山があり、悲しみがあるからこそ快感があるのだろう...などと考えた自身でした。

無くしたピアスを発見した結果チラチラだけどライフスタイルが考えられるなんて、これも「うれしかった事象」の一つかな、って思ったり行う。ドラゴンストラテジーFXが稼げる

最近のおっぱいキュンエピソード

恋人は留学中に出くわしました。恋人は普段はちょいシャイなのですが、イングリッシュもでき、やさしくうれしい気質のために、誰からも好かれるような他人でした。またそういう恋人はお酒に甚だしく著しく、お酒が入ると当然のごとく口も達者になるので、飲み会には欠かせないといったような他人でした。自身は以前から恋人にまだまだ好意を抱いていた結果、お酒が飲めないのにもかかわらず、飲み会に参加したというのもありました。但し直ちに気分が悪くなり、恋人って2人で情勢を吸いがてら散策にあることにしました。その真っ最中恋人は最後まで男性に振舞ってくれたのでちゃんと良かったです。先ず私としては酔っぱらう業者自体がやっとだったのであたふたしていたのですが、自身がしんどそうな時は直ちに止まって顔色を伺ってくれました。また何も言わずに水を買い自身に贈呈してくれました。散歩して掛かる真っ最中も、車道立場を歩いて得るのはもちろん、私の留学その後は里だった結果たいして治安が良く危ういことはなかったのですが、でも夜中で他国ということもあり、人影を見つけると立ち止まり状態を見てくれました。目標としていた公園に着き、上にも無く、ブランコや滑り台で2人で遊んだのですが、自身が滑ろうからには急に後ろから押してきたり、ブランコをたくましく押されたり、普段はシャイでクール恋人からの思わずの一面に驚き一部分、私だけが知ってるというって喜ばしくなりました。その後両人ブランコにのぼり1日数上記言い出し続けたのですが、お互いの中学生、ハイスクール時代の言及や、入っていた部活や行為の言及、バイトの言及、嗜好や好きなドラマや教科書の言及など延々と恋人の趣味を分かることができたのもひどく嬉しかったのを覚えています。そうしたらこれは後日談になるのですが、自身がお勧めしたドラマを正しく装いたり、自身が絵空事繋がりやお笑いの文献が博士といったことを覚えてくれていて、恋人のオススメの文献を何週間か後に貸してくれました。今も恋人はなかいいのですがこの時が一番キュンってしました。酵素サプリメント