食事コンテストでグランプリを受賞したイベント

俺が今日うれしかったことは、とある食べ物コンテストでグランプリを受賞したことです。
ママの俺はがんらい食べ物が大好きなので、力試しのつもりで応募していました。
ラスト選択に残るという連絡をいただいた時折、「到底!」といったびっくりしました。
ラストリサーチはフィールドをめぐってまさに食べ物を仕立てるはでした。
これまでこんなチャレンジがなかった俺は、潤いと共に、「強制緊張する、いかんせん?」と思いました。
「いっそ辞退してしまおうか」と消極的なことも考えながらパパに要請したら、「せっかくだから行こう」と言ってくれました。
食べ物コンテストの担当の方法には、「家庭も一緒に来てくれて大丈夫ですよ」と言われていたので、家族で行くことにしました。
住居からいくぶん遠いので、1泊でトリップを兼ねて行きました。
今日落ち着いて料理をするために、事前に発達も重ねて置きました。
そのためか、ラストリサーチでは思っていたほどストレスせずに食べ物を調べることができました。
会場の方も至急手伝ってくれたので、それも大きかったと思います。
食べ物が完成したら、一人ずつ自分の食べ物の批評やアピールを通して、試食時間になりました。
私も一緒に行った家庭も、みんなで試食をしました。
どれも作品でおいしいアイテムばかりです。
初心者の俺にとってはなんとも勉強にもなり、「一層食べ物が賢くなりたいなあ」というました。
ですから、試食の後のセレモニーで、自分がグランプリに選ばれた時折耳を勘ぐりました。
賞金は3万円で、賞状もいただきました。
賞状はしばらくハードルに飾って、以後タンスに保管しています。
つい先日、坊やの賞状や報知簿をまとめて格納するための用ファイルを購入しました。
そうすると坊やが、「母親のグランプリの賞状も格納こなせるね」と言ってくれました。
坊やの恩情はとても嬉しかったのですが、坊や仕様に買ったファイルなので、自分の賞状は入れないことにしました。
これからも、家庭が喜んでくれるような美味い食べ物が作れるように手を磨いていきたいと思います。ドラゴン fx