「様のつくる食べ物ならなんでもフェチだよ。」

私の先日うれしかったことは、
彼氏に「くんの定める食物ならなんでも贔屓だよ」といわれたことです。
ボクは八月の末に彼氏といった同棲することになったのですが、
食物を上手くつくれるかが心配でした。
自宅ライフサイクルで、ボクが食物など家庭を通じていたのですが
身内以外に食物をつくったことがなくて甚だ不安だったのです。
それに、彼氏は何年も食堂などレストランで食物をつくっていて
食物得意、そういう旦那に喜んでもらえる食物がつくれるのか、
全然不安でした。
私の旦那はちょっと物言いが賢いので、口にあわないときに怒られたらいかんせんとも
思っていました。

一緒に同棲を初めて、食物を吐出し始めるとなんでも食べてくれて
「おいしいよ」といってくれている旦那。
「しばし濃くしてほしいな??」とか
「こういう食物にはこういうハーブいれると美味いよ?」
って感じで優しく教示や提議を通じてもらえる旦那。
最高にありがたいデイリーになりました。
一緒にお皿も片付けてくれたり、休日は逆に食物を夕食してくれたり
最高の容易い彼氏なのです。

そういった旦那にデイリーごはんをつくっていますが、なにが好きなのかをよく聞いたことがなくて
前日「なにか食べたい食物居残る?つくるよ!」と聞いてみたのです。
そうなると旦那は笑顔で

「くんがつくってもらえる食物ならなんでも贔屓だよ!」

といってくれたのです!

ボクは「有難うぉぉ」と舞い上がってしまいました。
そのときは、にこにこしてるだけだったのですが、
今回思いだすだけで涙がでてきました。
最高にうれしかったです。

そうして、これからもがんばっていこう!おいしい食物をつくっていこうって
さんざっぱらありがたく元気になりました。
昨今旦那は痩身をはじめたので、ヘルシーな食物にチャレンジしていらっしゃる。
今後も旦那によろこんでもらえるように魚をさばけるとも望むし、
こういう声明や旦那のやさしさを胸に抱いて、
今日も明日も明後日も引き続き思う存分愛する旦那のためにおいしく気持ちが現れる食物をつくり続けていきたいっておもいます!ドラゴンストラテージ 2016